2012年06月30日

インターネットの誹謗中傷に関するご相談

誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)とは

他人をそしる(誹る・謗る)こと

あるいは根拠のない嫌がらせや悪口(中傷)などを言うことです。

政治的な公式の場では「そしり」「悪口」とは言わず

「誹謗中傷」がよく用いらています。

法的場面では「誹謗中傷」そのものではなく

その結果としての

名誉毀損、侮辱、信用毀損、業務妨害が罪に問われることとなります。

近年インターネットの利用者増加にともない爆発的に

被害が広がっているのが現状です。

また、ブログ、ホームページの開設、およびFacebook、Twitterをはじめ

SNSの人気が拍車をかける状況となっております。

ブログ誹謗中傷対策

誹謗中傷の概要

誹謗中傷を受けた人の多くは

多大な精神的苦痛を被り

ストレスが蓄積されています。

誹謗中傷のつもりで発した言葉ではなくても

人によってはその言葉を誹謗中傷として受け止める場合も数多くあります。

明確な根拠がある場合

すなわち事実を表明することで他人の悪事などを暴露し

結果的にその人の名誉を失墜させることは

誹謗ではあっても、中傷や悪口とは言わない。

特に公共の利害に関する目的で

例えば、組織などの悪事を暴露する事は内部告発などのように法的にも

正当な行為として認められる場合があります。

ただしその目的が公共の利害に関係したことでなければ

公表したことが事実であったとしても名誉毀損に該当します。
posted by 今そこにある危機 at 13:52| Comment(0) | 逆SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。